人に触れる。【 旅LOG – 2016.06.27】



【 研究テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 研究テーマ : ダイアログのある暮らし 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/06/27(月)
二十四節気 夏至 ( げし )
七十二候 第二十九候 菖蒲華 ( あやめ はな さく )


佐伯にある、宝来家旅館で迎えた朝。
昨日は早めに撃沈していた。
たくさんお酒を味わった結果。
それでも少し早めに起き上がる。

浴衣に着替えて1階に下りた。
昨日、入る前に撃沈したからシャワーを。
ついでにカラダの様子も確認して上がる。
思ってたよりもたくさん食べたみたい。

部屋に戻って心地いい音を聴く。
撃沈したせいで途切れてしまった音。
今朝はどことなくザワザワした音だった。
それが少しでも晴れたのならうれしい。

パソコンを広げて作業を始めた。
和室の机に向かって言葉を打ち込む。
チェックアウトまでにやっておきたいこと。
なんとなく重い頭をしぼりながら進める。

窓を開けると町の音と風が入り込んできた。
始めて来る町の始めて泊まる宿。
ほんの少しだけ佐伯という町を感じる。
人を訪ね、生活を感じる旅は変わらない。

荷物をまとめて出発の準備。
出る前に少しだけ瞑想をしてみた。
自分の中を静かに整えていく。
相変わらず、考え過ぎてるのかもしれない。

1度外に出て茶蔵に入り珈琲をいただく。
そして染矢さんと少しお話を。
次にこの町に来るのはいつなんだろう。
そんなことを考えたりしながら。

佐伯の町を歩いてみようと出発する。
でも雨が強くなってきてお寺の門で雨宿り。
弱くなった隙に少しだけ歩いてみた。
けどまた雨が強くなってくる。

結局、バスターミナルで長いこと座ってた。
このままバスで大分に向かうかどうか。
それを悩みながら時間が過ぎていく。
結果としては、電車で別府に向かうことに。

まずは佐伯駅に向かうバスを待つ。
おじいさんが話しかけてきてくれた。
そんなやりとりがありがたい。
人に触れること、それが1番わかりやすい。

佐伯駅から電車で別府へ。
JR九州の窓の大きな車両。
そこから時折、海が見える。
曇っているけど、静かな海が何度か見えた。

いつの間にか眠っていた。
ガタンゴトンと揺れる電車にやられて。
降りる直前、おばさんに話しかけられる。
荷物重いでしょ、って。

ホームから見つけたコインランドリー。
今日はどうしても洗濯したかった。
その間にお弁当を食べる。
カレーに野菜コロッケと鶏のから揚げ棒。

駅のフリースペースに腰掛ける。
バスの時間までパソコン作業を。
予定より1本遅らせた。
何を優先するのか、それが自分の中にある。

駅からバスで港に向かう。
気さくな感じの運転手さん。
ここでもまた、町の人に触れる。
旅先でのそんな関わりがとても心地いい。

着いたと同時に乗船が始まった。
ちょうどいいタイミング。
チケットを購入して船へと向かう。
日本縦断の締めは船旅というくり返し。

乗船したら自分の寝床を確認する。
そしてそのままコンセントのある席へ。
電波のあるうちに作業を終わらせておく。
そしてパソコンでガンダムUC を見ていた。

電波が届く間、心地いい音を聴いた。
今度は自分がザワザワする。
自分の中にある葛藤が折り合う機会。
それをくり返しながら生きている。

ゆっくりお風呂に入る。
窓の外は暗くて海は見えない。
それでもゆったりとしていい感じ。
体重はもとに戻っていた。

風呂上がりに心地いい音を聴く。
改めて大切な時間だと思う。
そして自分のスペースに横になる。
すぐに夢の国へと旅立って行った。





このブログの読み方-ふり返り-


[ 関連リンク ]

宝来家旅館

茶蔵

さんふらわあ

ガンダムUC


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


[ 人気の投稿 ]
ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】
自分の道。【ボクノオト、ワタシノオト】
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.06.27 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-63
船中泊 – /JAPAN –
2016/06/27〜2016/06/28
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net