余白。【 旅LOG – 2016.06.24】



【 研究テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 研究テーマ : ダイアログのある暮らし 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/06/24(金)
二十四節気 夏至 ( ぼうしゅ )
七十二候 第二十八候 乃東枯 ( なつかれくさ かる )


別府にある、別府ゲストハウスで迎えた朝。
なんとなく、頭もカラダも重い。
昨日から続く、無気力な状態。
自分の何かを守ろうとしている自分がいる。

横になったまま心地いい音を聴く。
キレイな音が自分の中に響いてくる。
それでも自分の音は感じられない。
何かを閉ざし、虚無感だけが広がっていく。

そのままごろごろと布団の上で過ごした。
カラダの向きを変えるだけ変えながら。
どうやら思考は停止したまま。
そんな状態で時間は刻々と過ぎていく。

ふと思い立って準備を始めた。
温泉に浸かってカラダを温める準備。
最低限の持ち物を持って外に出る。
曇っているけど外の世界の方が明るい感じ。

田の湯へと辿り着いた。
100円払って中に入る。
相変わらずシンプルなお風呂。
しっかりとカラダを温めてみた。

風呂上がり、外の石の上に腰掛けてみた。
やや涼しい風が力強く吹いてくる。
今の自分にはちょうどいい風だった。
なんだか、包み込んでくれる感じがした。

市場やスーパーで昼ごはんを物色する。
何か食べようか。
結局、何も買わずに宿に戻った。
また食べたくなったら買いに行こう。

眠る前に下書きだけは済ませておきたい。
出力担当という自分の役目。
途切れ途切れに集中しながらも書き終える。
あとは編集担当へバトンタッチ。

満を持して布団に横になった。
ただ横になって目を瞑る。
カラダの力がだんだん抜けてきた。
今は眠れるだけ、しっかり眠りたい。

夢を見ていたことだけは覚えてる。
時間を見ると1時間半くらい経っていた。
まだ眠れる、そんな心境。
だからそのまま瞼を閉じた。

またしっかりと眠っていた。
頭がスッキリした感がある。
どことなく元気になった感じがする。
好転反応が出ていたのかもしれない。

合計3時間ほど眠っていた。
無気力でも虚無感でもなかったのかも。
本来の自分に少し戻れた感がある。
だから余白が増えただけなのかもしれない。

布団から起き上がって畳の上に座る。
そしてテーブルにパソコンを置いて開いた。
投稿と下書き、並行して作業を進める。
少しだけ、カラダに心が追いついた感じ。

そのまま心地いい音を聴いた。
今朝や昨日のそれとは違う受けとめ方。
すんなりキレイに、自分の中に入ってくる。
そして自分の音も軽快に発されていく。

ゲストハウスを出て海の方へと歩いた。
このあとの待ち合わせ場所に向かう。
少しだけ薄暗くなってきた町並みを眺めた。
今日も終わりに向かっているみたい。

香凛というお店に入る。
先にひとりで瓶ビールを飲みながら待った。
そこに幸松さんが登場する。
3月に大分でお逢いして以来の再会。

これからやりたいことについてダイアログ。
すでにやっていることをカタチにする。
自分に関連する話題でもある。
自分の世界も一緒に具体的になっていく。

4時間経って今夜は解散。
お店からゲストハウスまでの道を歩く。
もう少し飲みたいけど、でもやめておこう。
すんなり部屋に戻って服を着替えた。

脱力しながら心地いい音を聴く。
少し弱々しい音に聴こえた。
それもまた必要なタイミング。
こうして音が聴ける環境に心から感謝。

日が変わる頃にはまた眠たくなっていた。
電気を消して、眠る準備を整える。
あんなに眠ったのにまだ眠れる自分。
起きる頃には何が整理されているのだろう。





このブログの読み方-ふり返り-


[ 関連リンク ]

別府ゲストハウス

田の湯

香凛


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


[ 人気の投稿 ]
ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】
自分の道。【ボクノオト、ワタシノオト】
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.06.24 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-61
大分県別府市 – BEPPU/OITA/JAPAN –
2016/06/23〜2016/06/27
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net