こんな出逢いも。【 旅LOG – 2016.06.20】



【 研究テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 研究テーマ : ダイアログのある暮らし 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/06/20(月)
二十四節気 芒種 ( ぼうしゅ )
七十二候 第二十七候 梅子黄 ( うめのみ きばむ )


博多にある、サットンホテルで迎えた朝。
みのりも一緒に目覚める。
白い空間がほんのり明るい。
まだまだ眠りの余韻に浸りたい感じ。

お風呂でカラダを温める。
お腹の中が温まっていく感じがする。
朝のお風呂は進化論を聴きながら。
歌詞がまた自分の中に入ってきた。

今日の作業の確認からはじめた。
実はやりたいことが溜まっている。
この1週間、人と出逢い話すことが続いた。
きちんと自分を律してバランスを保ちたい。

ベッドの上に座って瞑想をする。
お腹から頭にかけて順番に整えた。
頭のあたりがよく使われている感じがある。
早くそれを手放したいと思う自分がいる。

出かける時間までパソコンでの作業をする。
旅の予定、ダイアログイベント。
月曜日に更新するものたちを淡々と。
何となくな自分の予定を公表していく。

荷物をまとめて部屋を出た。
長い廊下をエレベーターへと進んでいく。
ロビーに下りたら人がたくさんいた。
普段ならチェックアウトしない時間帯。

ホテルを出て福岡空港へ向かう。
旅立ちのカウントダウンが始まった感じ。
博多駅から5分間だけ地下鉄に揺られる。
今日もたくさん、人が歩いていた。

飛行機の時間まで、しばしダイアログ。
電話越しとリアルではやはり違うもの。
次に出逢えるタイミングを楽しみに。
今回のうれしい時間は終わりを迎えた。

手荷物検査の入り口でみのりを見送った。
時には見送る側になることもある。
このまま空港内で作業をすることに決めた。
座る場所を求めて出発ロビーを歩いてみる。

ベンチに座ってパソコンを開いた。
下書きとして言葉を打ち込んでいく。
すぐに集中力が切れてしまった。
結果、ガンダムUCの最終話を見ることに。

天神経由で久留米に向かうことにした。
地下鉄に揺られて西鉄福岡駅へ。
一昨日も通った道順で乗り換える。
そこからは快速で西鉄久留米駅に向かった。

久留米に着いたらまずは弁当を食べた。
うどんも選択肢にはあったけど。
夕方までどこで過ごすか、探しながら歩く。
とりあえず岩田屋の屋上に上がってみた。

ご縁があって珈琲をいただくことになった。
岩田屋の地下にあるキョーワズ珈琲へ。
初めましての方とふたりでお話を。
こんな出逢いもあるものみたい。

一緒に1番街、2番街と歩いていく。
久留米の街のことも話してもらいながら。
地元の店が並ぶ商店街が好きな自分がいる。
無機質か有機質か、そんな違いを感じる。

KUHON という場所へ。
生まれ変わった、人の想いが集う場所。
カタチの森という場所へも。
開放的な無邪気な空間が広がっていた。

エイトモダンという喫茶店。
積み重なりが音として聴こえるような空間。
それらの場所でまた人とのご縁をいただく。
その分だけ久留米という街を知れた。

再び、KUHON という場所に戻る。
またいろいろとお話を伺えた。
お湯割りまでいただけてありがたい。
出逢ったばかりの木村さんに心から感謝。

コミュニティボックスの近くまで移動する。
同じ方向に向かう方に便乗させてもらって。
岩田屋からのいろんなご縁がありがたい。
そんな流れのあと、平山さんと再会した。

着いたらしばし、ダイアログな時間。
3月以来のことを共有していく。
またきっと、変化のタイミングが来ている。
自分にも関係する、大切なタイミング。

話し終えて、お風呂でカラダを温める。
たくさんの人の世界に触れた1日。
こんなに連続して人に出逢うのは久しぶり。
無心で湯船に浸かり、無心で眠りについた。





このブログの読み方-ふり返り-


[ 関連リンク ]

サットンホテル

キョーワズ珈琲

&othewin(url[,winname]){text};

カタチの森

エイトモダン

木村さん

コミュニティボックス


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


[ 人気の投稿 ]
ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】
自分の道。【ボクノオト、ワタシノオト】
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.06.19 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-60
福岡県久留米市 – KURUME/FUKUOKA/JAPAN –
2016/06/20〜2016/06/22
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net