My life Story ~私という物語~ 7th season 募集開始のお知らせ



このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



6/5(日) の 12:01 に新月を迎えました。その日から次の新月である 7 月 4 日までの間、My life Story ~ 私という物語 ~ 7th season のダイアログプログラムを通じて、本来の自分に戻っていく人を募集します。


画像の説明


[ 内容 ]

2日間のダイアログセッション ( 8時間 × 2日 )
1・2・3・6・12 ヶ月目の電話のでダイアログ( 45 分 × 計 10 回 )
1年間のメールでのサポート ( 1ヶ月 × 12 月 )
1回のダイアログセッション ( 3時間 × 1回 )
1回のブループリントメーカー セッション ( 90分 × 1回 )


[ 募集人数 ]

1 名


[ 価格 ]

360,000 円
※ 一括・2・4・6・12回払いが選択できます。


[ 募集期間 ]

2016 年 6 月 5 日(日) ~ 2016 年 7 月 4 日(月)


My life Story は、ダイアログを通じて、本来の自分へと戻っていくための1年間のダイアログプログラムです。

ダイアログの時間を通じて自分の素に触れながら、その素から受け取った自分本来の物語に沿って毎日を過ごしていきます。その過程でまたダイアログを繰り返し、1年後にはその物語を過ごす自分を自分のものにする、そんな目的を持って行うプログラムです。

もしかしたら全然違う自分に出逢うことになるのかもしれません。でももしかしたら、ほとんど変わらない自分に出逢うのかもしれません。どんな自分に出逢えるのかはダイアログしてみないとわからないのですが、このプログラムで大切なのは内側の自分と外側の自分が一致することです。

内外一致、それが僕にとっての美しさの基準で、結果的に内面が外見に表れるものだなとダイアログを重ねる中で実感しました。だからこそ、このプログラムが目指すものは内外一致であり、パートナーや家族など身近な存在との関係性を通じた、自分とのパートナーシップを高めることです。


下記のリンク先にある投稿も書いたのですが、僕と一緒にダイアログをして過ごす時間はただの時間ではありません。やっと胸を張ってこれが言えるようになりました。僕が38年間生きてきた時間と、その中で4年弱ほど旅する生活という特殊な生活を続けてきた時間が加わった、そんな特殊な時間です。逆に言うとあなたの時間もそういうことになります。

[ 関連投稿 ]

□ 1対1でのダイアログについて【 COBAKEN のひとりごと 】


このダイアログプログラムは、本来の自分として、自分らしく、しあわせな毎日を過ごしたい人に対してのものなので、それを実現するための要素をまとめた時間に対しての対価としての金額をいただきます。それが高いか安いかはその人次第のところがあるので一概には言えませんが、僕としてはその価値は充分にあると思っています。


それなので、本来の自分として生きたい人で僕が持っている価値を必要としている人がいたら、ぜひ一緒にダイアログしながらこれからの1年を過ごしていきましょう。


My life Story~私という物語~ の内容に関しては、下記のリンク先にあるページをご覧くださいませ。


My life Story~私という物語~
自分の人生を生きるための、1年間のダイアログプログラム
画像の説明
↑ My life Story はこちらから


以上、My life Story ~ 私という物語 ~ 7th season 募集開始のお知らせ でした。




このブログの読み方-ふり返り-




– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】
自分の道。【ボクノオト、ワタシノオト】
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.06.08 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。