生きていること。【 旅LOG – 2016.06.04】



【 研究テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 研究テーマ : ダイアログのある暮らし 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/06/04(土)
二十四節気 小満 ( しょうまん )
七十二候 第二十四候 麦秋至 ( むぎの とき いたる )


島本にある、まむちん宅で迎えた朝。
何となく、目覚めの呼吸が違っていた。
先日、イルカマンに整えてもらったカラダ。
更に BALANTES でも整えてもらえたから。

起きてから少しして、心地いい音を聴いた。
朝の穏やかな音。
その音を聴きながら穏やかな自分を感じる。
また次に聴けるタイミングを楽しみに。

ひとまずシャワーを浴びる。
カラダの状態を確認しながら。
やはり呼吸のしやすさがある。
それで、体感覚が増した気が。

風呂上がりにベランダに出て瞑想を。
曇り空でもここは気持ちのいい場所。
ゆっくりと呼吸をしながら自分を整える。
これまでの出来事を流しながら手放して。

部屋に戻ってパソコンでの作業。
作業の確認をしたらあとは淡々と。
想いを言葉にして打ち込んでいく。
第1部までを終えて、ひと休み。

身支度をして荷物をまとめた。
予定の時間になったので外に出る。
まむちん宅から水無瀬駅までの散歩。
ゆっくりと町並みを眺めながら歩いた。

水無瀬駅から阪急で本町まで。
茨木、梅田で乗り換える。
相変わらず人が多い、梅田の地下街。
この密度はいつも息苦しい。

出口を間違えたけど約束の場所へ。
ひさしぶりの再会を果たす。
これまでの出来事を聴かせてもらった。
毎日を大切に生きることを教えてもらった。

一緒に行ったお寺の仏像に手を合わせる。
またどこかで出逢える日を楽しみにしてる。
当たり前が当たり前でないことも学べた。
今日を最後の日として毎日を過ごしたい。

聴こえてくる音から想いを受けとりながら。
ただただ、大切なことを受け取って。
自分のペースでひとつずつ出来ることから。
そんな自分のペースを信頼して。

少し歩いて遅めのお昼ごはん。
とりの唐揚げ定食と瓶ビール。
食べ過ぎなくらい食べてみた。
それも、生きていることを実感できること。

電車で水無瀬駅へ戻る。
梅田からは準急で乗り換えなく。
ゆっくりと腰掛けて、出来事をふり返る。
自分にどんなことを問いかけてもらったか。

駅からは心地いい音を聴きながら歩く。
元気な音が聴けることは当たり前ではない。
有り難い、そんな言葉を自分に響かせる。
それがほんとに、自分の腹に落ちる日まで。

戻って少しまったりと。
横になると意識が飛んでいた。
何気に疲れた感覚がある。
残りの作業を進めることは可能だろうか。

連絡があって、しばし電話でダイアログ。
最近の出来事や気づきを教えてもらう。
元気な音が聴けることがありがたい。
また気づきを言葉にする機会をいただけた。

部屋に戻ってパソコン作業。
第2部として想いを言葉に変えていく。
下書きを進めて、でも一旦手放して。
今日もまた生産的休息の時間も。

合間に少しだけ心地いい音を聴く。
ベランダに出て夜景を眺めながら。
何となく、軽い不協和音も聴こえるような。
でも、キレイな音が聴けて素直にうれしい。

部屋に戻って荷物をまとめる。
そして、汗を流すためにシャワーを浴びた。
このあと、福島県までの弾丸ツアーに出発。
必要な分だけをまとめて準備を終えた。

あとは時間までパソコン作業。
第3部の時間を終わらせた。
投稿も終えて、出発の準備は完了した。
ほんの少しだけ、心地いい音も聴けた。

茨木でしんじと合流。
そして、しんじの運転で福島に向けて出発。
10時間後には福島に到着している予定。
こうして3人の珍道中は始まった。




[ 関連リンク ]

まむちん

イルカマン

BALANTES

しんじ


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


このブログの読み方-ふり返り-


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-49
大阪府三島郡 – MISHIMA/OSAKA/JAPAN –
2016/06/01〜2016/06/04
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】
自分の道。【ボクノオト、ワタシノオト】
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.06.04 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。