人の音。【 旅LOG – 2016.05.31】



【 研究テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 研究テーマ : ダイアログのある暮らし 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/05/31(火)
二十四節気 小満 ( しょうまん )
七十二候 第二十四候 麦秋至 ( むぎの とき いたる )


豊橋にある、いるかビレッジでの朝。
起き上がるとすぐにシャワーを浴びる。
窓から明るい光が差し込んできた。
カラダも頭も目が覚めてきた感覚がある。

今朝も板間に座って瞑想をした。
自分を整えながらその感覚を広げていく。
このステキな場がこの先も続くように。
そんな想いが自然と生まれる場。

心地いい音を聴く。
そのままパソコンでの作業を始めた。
また少し、作業の仕方を変えてみた。
自分の生活に合うスタイルに少しずつ。

少しずつ人がやって来て朝のご挨拶。
赤ちゃんの元気な笑顔が見れてうれしい。
こうやって人を迎えること。
実は好きなことだったりする。

第1部の作業時間を終えた。
和室を片付けて、お出かけの準備。
今日は一緒に遊べないのが残念。
うしろ髪を引かれながら外に出た。

歩いてミナカに向かう。
こうして無事、ネット環境を得た。
通信制限のかかった月末の朝。
ありがたく第2部の作業を始める。

イルカマンが戻ってきた。
その結果、今日は支援員の体験に決まる。
いろんな世界に触れられることに感謝。
こうして、必要な体験がやってきてくれる。

利用者さんとの面談が始まる。
良かったこと、新しい発見を共有した。
何だか新鮮な感覚がある。
これもまた、貴重なダイアログの時間。

また作業に戻って言葉を打ち込んでいく。
今朝、頭に浮かんだことが気になりながら。
300人規模の村のようなコミュニティ。
そこに向けて積み重ねている自分がいた。

そのあとまた、おふたりほど面談の時間。
旅する生活の話をさせてもらった。
たくさん質問してもらいながら話す。
いろんな話が広がる感覚がうれしい。

また作業に戻って、第2部の時間を終えた。
しばしソファに腰掛けてゆっくりと。
でも何となく浮かんでくることがある。
結局、パソコンを開いて打ち込んでいた。

利用者さんに向けての講演会。
後ろの方で話を聴かせてもらう。
新潟で参加したセミナーと同じ感覚。
頭が痛くなるような、そんなメッセージ。

怖れを解き放つための出来事。
今ふり返るとそう思うことができる。
認めてほしい、わかって欲しい。
そんな自分に向けて許可を出す機会。

そのままミーティングに参加した。
とはいっても、ただ座っていただけのこと。
時に自分の作業を進めながら話を聴く。
面白いプロセスだな、と眺めていた。

とてもいい雰囲気のミーティング。
これがあるからこのプロジェクトがある。
その場にいて、そんな感覚が。
効率よりも大切なことが存在してた。

ふみちゃんと少しお買い物に。
ついでにハウスの中も見せてもらった。
また知らない世界を見せてもらった感覚。
今後の自分にどうつながるのか楽しみ。

途中でイルカマンに拾ってもらう。
カラダを整えてもらえることになった。
待ち時間、ビールを飲みながらお話する。
また人の音に触れることができた。

カラダのバランスを整えてもらった。
歪んではいたけど思ったほどではない。
ここ最近の生活スタイルが功を奏したか。
おかげさまでどんどん眠たくなっていく。

帰り道で急遽、ホタルを見に行った。
当たり前のようにたくさん飛んでいる。
豊橋のまちづくり、恐るべし。
そんな環境がすぐそばにできることを知る。

戻って心地いい声を聴く。
ゆっくりカラダを温めて、寝る準備を完了。
眠る前にまた、心地いい音を聴いた。
いろんな出来事があった1日だったと思う。




[ 関連リンク ]

いるかビレッジ


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


このブログの読み方-ふり返り-


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-48
愛知県豊橋市 – TOYOHASHI/AICHI/JAPAN –
2016/05/26〜2016/06/01
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】
自分の道。【ボクノオト、ワタシノオト】
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.05.31 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。