ステキな朝。【 旅LOG – 2016.05.22】



【 研究テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 研究テーマ : ダイアログのある暮らし 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/05/22(日)
二十四節気 小満 ( しょうまん )
七十二候 第二十二候 蚕起食桑 ( かいこ おきて くわを はむ )


金沢、THE HATCHI HOSTEL で迎えた朝。
目を覚まし、カラダの感覚を受けとる。
所々、筋や筋肉に張りを感じる。
これもまた、旅をしている証なのかも。

起き上がり、まずは瞑想から始める。
日曜日の朝の出かける準備の音がする。
何となく気になって、あまり深く入れず。
どうやら今日はそんなタイミング。

着替えて外に出て浅野川の河原の方へ。
そこに腰掛けて心地いい音を聴く。
川を吹き抜ける、朝のやや冷たい風。
平日とはまた違う、川辺を行き交う人の姿。

心地いい音を聴きながら自分を整えていく。
河原でこんな時間を過ごせる、ということ。
ゆったりと過ぎるとても贅沢な時間。
ステキな朝の始まりが今日を表してくれる。

宿に戻って作業の開始。
今日のやることを書き足していく。
目の前では、ゲストのご夫婦が朝ごはん。
わかる範囲の英語で、何となくやりとりを。

第1部を終えてシャワーを浴びる。
ここの設備にも慣れてきた。
カラダを洗いながら強ばりをほぐしていく。
今日も元気に生かされている自分がいた。

再び共有キッチンで第2部の作業を開始。
その間に昨日のゲストのお見送りを。
何気ない出逢いだけど、必然の出逢い。
また次に出逢える日を楽しみに。

そのままひとり、パソコンに向かい合う。
自分の想いを言葉にしていく。
可能な限り真っ直ぐに。
素朴な音を言葉にしたい。

第2部を終えてお昼ごはん。
昨日のゲストにもらった食事をいただいた。
手作りの料理が温かくてありがたい。
空腹以外にも満たされていくものがある。

荷物をベッドに置いて外に出る。
今日は金沢城公園の方へ。
いつも夜に散歩していて入れなかった場所。
城跡の雰囲気を感じてみたい。

陽射しが強く、日陰を求めながら歩いた。
でも、残念ながら日向がほとんど。
やっと見つけた日陰に腰掛ける。
そこでもまた、心地いい音も聴きながら。

宿に戻ってひと眠り。
歩き疲れた感はないけど、すこぶる眠い。
また何かが整っていくタイミングなのか。
目覚めた頃には2時間以上経っていた。

地下の共有キッチンでパソコンを開く。
第3部の作業開始。
7割やりたいことをやり遂げた。
残り2コマ、30分を残して作業を終える。

今朝の夫婦が戻ってきた。
まだ仕事をしているのか、と驚きの表情。
ご飯を食べて散歩したことを片言で告げる。
がんばっているから、とチョコをもらった。

外に出てシンバと合流する。
2年ぶりくらいの再開。
相変わらず元気そうなシンバ。
以前にも増した、たくましさを感じた。

ふたりで晩ごはんをいただく。
田植えを終えてから来てくれた。
最近のことを中心にいろいろと話していく。
久しぶりでも自然に話せることがうれしい。

シンバを見送った後、また川の側へ。
河原に腰掛けて心地いい音を聴く。
段々と暮れていく空を眺めながら。
西の空のグラデーションがとてもキレイ。

そのまま浅野川沿いを散歩する。
やわらかい明かりが川沿いの道で輝く。
歩きながら心地いい音を聴いた。
どこにいても変わらない、大切な音。

戻って洗濯をする。
待っている間はパソコンでの作業。
乾燥機に投げ込み、作業もひと段落。
ここでも心地いい音を聴きながら過ごした。

洗濯を終えて部屋へと戻る。
少しずつ眠るための準備をする。
早めに横にはなったけど、眠れない。
そんな金沢での最後の夜を過ごしてみた。




[ 関連リンク ]

THE HATCHI HOSTEL


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


このブログの読み方-ふり返り-


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-46
石川県金沢市 – KANAZAWA/ISHIKAWA/JAPAN –
2016/05/18〜2016/05/23
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】
動く瞑想。【 旅LOG – 2016.04.14】
人が人として。【 旅LOG – 2016.04.15】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.05.22 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。