あつあつ、フーフー。【 旅LOG – 2016.05.04】



【 研究テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 研究テーマ : ダイアログのある暮らし 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/05/04(祝・水)
二十四節気 穀雨 ( こくう )
七十二候 牡丹華 ( ぼたん はな さく)


大船渡で迎えた朝。
6時に目が覚めたけど今日はもう少し。
何となく起き上がれない、重いカラダ。
みのりはすんなりと起き上がって台所へ。

作り置きのおかずを囲んで朝ごはん。
大根と揚げのみそ汁がお腹にやさしい。
食べることを大切にした生活がしたい。
そのための時間と心の余裕を確保して。

食後にゆっくりと瞑想をする。
前日の妙な疲れは何だったのか。
自分を知れば知るほど知らない自分がいる。
だから妙に考えず、流して手放していく。

時間の限り、パソコン作業。
昨日の出来事をどんどん書き出していく。
これもまた手放すための作業。
自分の内側にあるものを言葉にして外へ。

予定していた時間になり、お出かけの準備。
服を着替えて荷物をまとめる。
ポケットに財布とコインケースと鍵たち。
カメラをぶら下げてから外に出た。

昨日の夜中から続く見事な雨。
今日は車で盛岡へ。
昨日の油膜取りが功を奏して視界良好。
ガラスを流れていく水滴がとても楽しそう。

盛岡に近づいてきた頃に不協和音が鳴る。
食い違う話にイライラする自分。
また今日も繰り返されるお試しの出来事。
自分はほんと、めんどくさいヤツだと思う。

先にイオンでお買い物。
目的を果たしてささっと人ごみから逃れる。
人が多い場所を好まないふたり。
人口密度が高い場所は避けるに限る。

肴町のあたりで車を停める。
2軒ほど昼ごはんを求めてお店へ。
結果諦めて、そのまま歩いていく。
お腹が空いたらそれぞれで対応を。

さわや書店で一時解散。
みのりは友達と無事合流したようだ。
ひとりLOFTに向かって探し物に励む。
それらしきものに出逢えてひと安心。

お腹が空いたので、ひとり松屋へ。
牛めしの並と生玉子。
上野で初めて松屋に行った時を思い出す。
それを思い出しながら七味で赤色に染めた。

そのあとはフキデチョウ文庫へ。
ちょうど掃除の時間だったのでお手伝い。
そこから時間まではゆるりとパソコンを。
居場所を与えてもらえることがありがたい。

ちょうどスタンプラリーのタイミング。
次々と参加者が2階に上がってくる。
その度に自分なりの説明をして交流を。
自分は、こんな人との関わりが好き。

ななっくでみのりと合流する。
お友達にもほんの少しだけご挨拶。
これもまた、自分の世界を広げる出来事。
毎日どこでも、僕らの世界は広がっていく。

そのまま直利庵に直行。
今日は早めの晩ごはんを食べて大船渡へ。
食べたのはもちろん、カツカレーそば。
あつあつ、フーフー、変わらず美味しい。

食べ終わったら大船渡への帰路に着く。
まだ明るいうちに盛岡を出て南へ。
また道と道が繋がって地図が広がった。
その分、僕の世界にも広がったはず。

帰り道はずっと協和音が鳴り響く。
人が生きる中、コントラストはとても大切。
光と影、それがあるからお互いが彩られる。
だから、協和音も不協和音も大切なもの。

戻ったらすぐにパソコン作業。
下書きをしていたものを仕上げていく。
残念ながら、ダイアログの教科書は明日へ。
もう少し手を加えて、胸を張って投稿する。

湯船に浸かってでカラダを温める。
今日は足の裏を念入りにマッサージ。
自分で触って痛いところはほぐしていく。
これが今の自分にできる、ケアのひとつ。

ウォッカトニックを飲みながら料理の時間。
ベジブロスで出汁をとって野菜スープを。
明日の朝ごはんの時に食べるのを楽しみに。
こんな寝る前の過ごし方もいいと思った。




[ 関連リンク ]

さわや書店

フキデチョウ文庫

ななっく

直利庵

カツカレーそば


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


このブログの読み方-ふり返り-


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-42
岩手県大船渡市 – OFUNATO/IWATE/JAPAN –
2016/04/26〜2016/05/11
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
真面目な完璧主義者でまわりの目が気になり、自分に足りないものばかり見ている人はぜひ、この投稿を読んでみてください。
すべては自分の心次第。
アンケート中間報告。


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 28 名
旅する研究員 4 名
( 2016.05.04 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。