人が人として。【 旅LOG – 2016.04.15】



【 研究テーマ : 現代的遊牧民の必須事項 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/04/15(金)
清明 ( せいめい ) 虹始見 ( にじ はじめて あらわる )


盛岡市にある、フキデチョウ文庫での朝。
昨夜は気になってなかなか寝付けなくて。
今朝も早くから何度も目が覚めてしまって。
心に引っかかりができるとそういうもの。

まずはシャワーを浴びて目と身体を覚ます。
身体に触れて自分の声に耳を傾けながら。
風呂上がりにお風呂を使う準備をして。
フキデチョウに泊まるときの習慣のひとつ。

無垢の床板の上であぐらをかいて瞑想を。
新しい街に移動した自分の重力を整える。
昨夜に沸き起こった古い記憶を流していく。
自分を整えるための毎朝の大切な時間。

服を着替えて、まずは朝の準備をはじめる。
バスタオルやタオルをたたんで重ねる。
布巾もたたんで、おしぼりを準備する。
そして自分の荷物をバックパックに入れる。

今朝も少しの間、心地いい音を聴く。
テレビから流れてくる熊本地震のニュース。
今と過去が重なりざわめく心を整える。
そのまま時間まではパソコン作業をする。

時間になって利用者さんが到着しはじめる。
朝のあいさつと、おしぼりとお茶出し係。
空間の雰囲気が人が増える度に変わってく。
人と人が関わる、人にとっての自然な状態。

人が動く姿をキッチンの端から眺める。
デイケアという自分にとっての未知の世界。
人が人として、楽しそうに過ごしている。
ステキな場所、いつここに来てもそう思う。

キッチンの片隅で食堂かたつむりを読む。
かねた整骨院で読んだところの続きから。
人がホッとする、そんな場所がつくりたい。
食べる、話す、笑う、安心する場所がいい。

優しくて美味しい昼ごはんの時間。
盛りつけさせてもらって、生きている実感。
衣食住の暮らしの要素に携われること。
旅する生活で得難い、毎日の大切なこと。

食後は少し、1階に下りてパソコン作業。
文章を書きながらものすごいことに気づく。
場づくりで1番大切にする必要があること。
またファシリテーションの核心に近づけた。

利用者さんが帰る時間になり準備が始まる。
ひとり、またひとりと1階に下りていく。
だんだん静かになっていく2階の空間。
また、静かな図書館の一角に戻っていった。

利用者さんが出発した後は掃除の時間。
イスを机にあげて窓を開けて掃除の準備。
掃除機をかけてモップで拭いて。
今日もまた動く瞑想をする機会をもらえた。

掃除を終えて白湯をいただきながらひと息。
そのままパソコンに言葉を打ち込んでいく。
送迎に出ていた人たちも戻って来た。
これで今日の自分の役割はひと段落。

ななっく前からバスで盛岡駅に向かう。
路線バスには普段乗らないからとても新鮮。
帰路につく人たちをバスの中から眺める。
安心できる場所に戻るという大切なこと。

タイミングが合ってみのりと合流。
疲れてはいたけど元気そうな姿が見れた。
ほんの短い時間だけど、逢えてうれしい。
また明日、逢えることを楽しみに。

今度は歩いて肴町の方まで戻っていく。
となりの人と勝手に競いながら歩いていく。
大通を抜けて岩手公園のあたりへ。
ちょうど1年前に眺めた桜がなつかしい。

ななっくで Wi-Fi を得てパソコン作業。
地下のフードコートが作業場と化している。
生ビールと鶏の唐揚げを晩ごはんにして。
集中が続く限り、ここで作業を続けていく。

意外と早く集中が切れフキデチョウに戻る。
ひとりがけのソファにゆったりと。
なんだか文章を書く気にはなれないみたい。
なので本を取りに1階に下りていく。

FEARY TAIL の続きを読むことに決めた。
やはり自分は漫画で倫理観を形成してきた。
頭がうごかない時は漫画がありがたい。
絵と文字からその世界に入り込んでいく。

マンガを閉じて心地いい音を聴く。
その音を聴いて、作業は手放すことにした。
自分の想いを最優先して生産的休息を。
今夜はぐっすり眠れますように。




[ 関連リンク ]

フキデチョウ文庫

食堂かたつむり

かねた整骨院

ななっく

FEARY TAIL


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


このブログの読み方-ふり返り-


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-37
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2016/04/14〜2016/04/17
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
真面目な完璧主義者でまわりの目が気になり、自分に足りないものばかり見ている人はぜひ、この投稿を読んでみてください。
小林豊とのダイアログの時間をお金以外の価値で表すと?アンケート実施のお知らせ。
アンケート中間報告。


COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度

3種類の研究員のいずれかに登録し、パートナーや家族など身近な人たちとの関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

散歩する研究員 0 名
対話する研究員 28 名
旅する研究員 4 名
( 2016.04.15 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に進めていきましょう
画像の説明
↑ COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。