動く瞑想。【 旅LOG – 2016.04.14】



【 研究テーマ : 現代的遊牧民の必須事項 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/04/14(木)
清明 ( せいめい ) 虹始見 ( にじ はじめて あらわる )


大館市にある、かねた整骨院での朝。
昨日の酒が残っているような、そんな感覚。
起き上がってカーテンを開けて外を眺める。
雨は上がっていて、薄暗いけど光を感じる。

朝から湯船に浸りゆっくりと身体を温める。
肝臓の裏あたりをしっかりと温める。
マッサージしながら身体の声を聴きながら。
旅する生活の中で自分で自分にできること。

畳に座って瞑想をする。
瞼越しに感じる太陽の陽射しが心地いい。
ここまでの出来事と感情を流していく。
これもまた旅する生活に欠かせないこと。

使わせてもらった水回りの掃除。
ひさしぶりのお風呂の掃除。
洗面台に流し台もできる範囲で掃除する。
これもまた動いて行う瞑想のひとつ。

今朝もまた心地いい音を聴く。
心地いい音が自分の中に入ってくる。
それでまた自分から音が生まれていく。
シンクロした音がまわりに広がっていく。

金田さんと朝のダイアログ。
新しく取り組んでいくことの準備など。
自分の中にある音を大切にすること。
自分の本当の音に触れるというしあわせ。

サロンに戻ってパソコン作業を始める。
昨日の出来事を自分に問いかけ言葉にする。
なかなか進まない、そんな感覚に覆われる。
そんな時は潔く、他の作業に切り替えて。

金田さんの新しい取り組みのテストをする。
次の時代に向けて今自分たちにできること。
対極に目を向ける必要がある、そんな時代。
自分はどうなのか、そんな問いかけが巡る。

昨日読んだリアルの続きを読み始める。
この物語から受けとりたいことが何かある。
何なのかはわからないけど読み終える。
結局、文章を書くことを手放すことにした。

金田さんに送ってもらって駅前へ。
今回も大変お世話になりました。
秋北食堂のとりもつはまた次の機会に。
バスが来るまで外のベンチでのんびりと。

みちのく号に乗り込んで大館を出発。
前回乗った時に眺めた景色が思い出される。
1年前の自分と今の自分が重なった。
変わったもの、変わらないもの、両方ある。

パソコンを取り出し、車内で少しだけ作業。
頭の中に、自然と言葉が生まれてくる。
どうやら今は書いてもいい時らしい。
ひと安心して書いた言葉を寝かせることに。

バスが終点の JR 盛岡駅に到着する。
なんだかんだでご縁が生まれたこの街。
見慣れてきた街を眺めながら歩いていく。
春の色に染まりそうな、そんな時期。

フキデチョウ文庫に到着。
入る前に向かいのお不動さんにご挨拶。
またこの場所に来れたことに心から感謝。
みなさんにご挨拶して荷物を下ろす。

利用者さんが帰られた後の掃除の時間。
また掃除をすることができることに感謝。
ここでもまた動く瞑想で自分も整える。
キレイになった分だけ自分もキレイに。

ゆったりとソファに腰掛けパソコン作業。
時に FAIRY TAIL を読んでみたり。
自分の想いを言葉にして打ち込んでいく。
必要としてくれている人に届きますように。

ゆきこさんと晩ごはんでダイアログ。
近くのバイマックルーでタイ料理。
ここ1年くらいのことなどを話しながら。
体験するという大切なことを共有する。

フキデチョウに戻ってうつらうつら。
ひとり掛けのソファでそのまま眠りにつく。
夢うつつな時間がそのまま続いていく。
思った以上に疲れている身体の声を聴いた。

熊本での地震のことを知る。
震度の大きさ、余震の回数に心が痛む。
亡くなられた方のご冥福をお祈りすること。
それと被害が大きくならないことも一緒に。

眠る前に心地いい音を聴く。
いつもよりも力強い音が聴こえてくる。
生きるということ、それを感じられる音。
いつもいつも、響いてくれるありがたい音。




[ 関連リンク ]

かねた整骨院

金田さん

リアル

秋北食堂

みちのく号

フキデチョウ文庫

FAIRY TAIL

バイマックルー


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


このブログの読み方-ふり返り-


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-37
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2016/04/14〜2016/04/17
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
真面目な完璧主義者でまわりの目が気になり、自分に足りないものばかり見ている人はぜひ、この投稿を読んでみてください。
小林豊とのダイアログの時間をお金以外の価値で表すと?アンケート実施のお知らせ。
アンケート中間報告。


COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度

3種類の研究員のいずれかに登録し、パートナーや家族など身近な人たちとの関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

散歩する研究員 0 名
対話する研究員 28 名
旅する研究員 4 名
( 2016.04.13 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に進めていきましょう
画像の説明
↑ COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。