タイミングを待つ。【 旅LOG – 2016.03.29 】



【 研究テーマ : 現代的遊牧民の必須事項 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじめます。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/03/29(火)
春分 ( しゅんぶん ) 桜始開 ( さくら はじめて ひらく )


目が覚めると 10 時前。
昨日は遅くまで不協和音が続いていた。
自然に起きたらこんな時間に。
携帯に何件かメッセージが届いていた。

寝起きに電話で話す。
何年ぶりに話すのかわからない。
元気そうな声で何より。
どこで何がつながるかなんてわからない。

窓を開けて瞑想をする。
昨日からの出来事を流していく。
今の自分にできること。
拓けた世界の中でまた、考えていく。

心地いい音を聴く。
今日もまだ、不協和音が聴こえる。
旅LOG の下書きをしながら。
思うように進まない。

研究を続けるために必要なものリスト。
旅の予定の情報と同じ頃まで投稿する。
価値に目を向けるという大切なこと。
それをきちんと伝えられない自分がいる。

音が出せない。
言葉が生まれない。
文章を書くということができない。
自分の中のひっかかりが何かに蓋をした。

内と外での不協和音が続く。
ただただ穏やかにタイミングを待つ。
不協和音があるから協和音がわかる。
どちらも毎日を彩る大切な存在。

だいぶ遅めの昼ごはん。
切り干し大根がお気に入り。
ブッダを読みながら食べる。
お腹と心を整える。

部屋にあがる。
再び心地いい音を聴く。
心の中に波が起きる。
それもまた自分を知るための機会。

いつの間にか眠っていた。
驚いて起き上がる。
作業をしながら時間を待つ。
心と声を整えていく。

電話でダイアログ。
時間の流れの早さを感じる。
考え方を伝えていく自分の役割。
痛み止めとしての役割も。

旅LOG の下書きをする。
心地いい音を聴きながら。
協和音に戻ってきた。
心地いい音がより心地いい。

旅LOG の投稿を終える。
この3日間で必要なものを投稿する。
必要なモノやコトを明確にする。
そうすれば自分らしく生きられる。

今夜はひとりで晩ごはん。
ブッダの続きを読みながら。
日本酒の肴としていただいた。
野菜中心の料理がうれしい。

食べた後に洗い物。
生きていることを実感する。
食べることに触れるということ。
それが続く毎日を送りたい。

お風呂で身体を温める。
ミスチルを聴きながら。
いろんなことが頭をめぐる。
いろんな自分に許可を出していく。

物語の描き方。
普段やっていることを文章にする。
自分らしく、しあわせに生きるため。
そんなきっかけになればうれしい。

今日の作業を終える。
心地いい音も聴く。
ビールを開けて打ち上げる。
ホッとするひととき。

天下り酒場の物語をひとつ読む。
寝る前のまったりとした時間。
この1週間の作戦会議。
未来から今を描いていく。

瞑想をして布団に横になる。
少しだけ、DS で三国志。
眠気に負けそうな頃に電源を切る。
そしてうすい暗闇の中で瞼を閉じた。




[ 関連リンク ]

ブッダ

天下り酒場

DS 三国志


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごしていくための毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


このブログの読み方-ふり返り-


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-28
広島県竹原市 – TAKEHARAO/HIROSHIMA/JAPAN –
2016/03/24〜2016/03/30
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
小林豊とのダイアログの時間をお金以外の価値で表すと?アンケート実施のお知らせ。
自分にとってのカタチ、というものを考えてみる。【その1】
旅LOG – 2016.03.01


COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度

3種類の研究員のいずれかに登録し、パートナーや家族など身近な人たちとの関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

散歩する研究員 0 名
対話する研究員 27 名
旅する研究員 4 名
( 2016.03.28 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に進めていきましょう
画像の説明
↑ COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。