意外に好評な、僕が普段から使っている、カードを使った未来から今に向かっての自分の物語の描き方。



今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじめます。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



僕が普段から使っている、未来から今に向かっての自分の物語の描き方が意外と好評なので、今回の投稿ではそのことについて触れてみます。


画像の説明


僕はこの写真の感じで自分の未来を季節ごとに描きながら行動しています。普段からデイパックに入っていて何か考えたいことがあれば取り出して眺めます。それに、僕の配信するメルマガのテーマはこの中に書き出してあるキーワードから書くようにしています。

それが良いのか悪いのか、細かな検証はしていませんが、自分にとっていい結果をもたらしてくれる要因のひとつですし、この方法で未来を描いた数少ない人たちが見事に自分に許可を出しながら心穏やかに毎日を過ごす、そんな自分に近づいていっているのです。


STEP.1

流れとしてはまず、問いを書き出します。描きたい期間を決めたら、期間の最後の日に自分がどうなっていたいのか、それを箇条書きでどんどん書き出していきます。自分の状態でも環境でも成果でも感情でも、とにかくなんでもいいので書き出していきます。


STEP.2

書き出し終えたら次はメッセージを与えてくれるカードなどを引きます。僕は日本の神託カードを使っています。カードにテーマがあって、その解説が書いてあるものであれば何でもいいです。

カードを3回ノックして整え、自分が切りたいだけカードを切って、左手で引いていきます。引く順番は、未来から今に向かってです。仮に3ヶ月で引くとしたら、ゴール、3ヶ月目、2ヶ月目、1ヶ月目、今の課題、ヒント、といった順番です。実質順番は関係ないのかもしれませんが、僕は未来から与えられた今、というイメージで引いているので。

僕はいつもひとつの季節で描くので3ヶ月引きますが、毎月のテーマを6ヶ月分引いてみたり、季節ごとのテーマで1年・3年分引いてみたり、と期間は自由に選ぶことができます。短いのであれば、3時間、3日、3週間とかでも。

その時に、ゴール・今の課題・ヒントに加えて、各月・各季節・各時間・各日分のカードを引いて組み合わせてください。


STEP.3

カードを引いたところで改めて、書き出していた問いを完成させます。箇条書きにしているものを文章にして、未来の自分の在りたい姿を言葉にするのです。そして最後に、「 そんな自分であるために必要なことは? 」「 そんな自分であるために必要な行動は? 」と付け加えると、問いの完成です。

なので、箇条書きを文章にするところは、疑問文にする必要はありません。仮に3ヶ月後であれば、自分で読んでみて心躍るような文章になっていれば大丈夫です。


STEP.4

問いができあがったら、次はカードの解説を読んでいきます。引いた順番に読んでいくのをオススメします。読んでいる中で目に留まった文字から受けとるメッセージをどんどん、紙に書き出していきます。そして何か、自分の行動、何かやりたいことが頭に浮かべば、それもまた書き加えて。これですべてのカードを書き出したら、一連の作業は終わりです。




流れとしては全脳思考 ( 現 : フューチャーマッピング ) を参考にしています。ジーニアスコード もです。全脳思考の公認のファシリテーターとして何度も何度も自分ひとりでチャートを描き、人の問いでも何度も何度もチャートを描き、大人数でも何度もチャートを描きました。それに全脳思考の講座を何度も開催した結果、自分にとって心地よい、自分独自の物語の描き方に出逢いました。






このカードを使った物語の描き方は、My life Story ~私という物語~ の最初の2日間のダイアログセッションの中で行っています。それにご要望いただければ 散歩でダイアログ で描くことも可能です。あと、申込受付を止めていた ダイアログセッション も再開しようと思っているので、その中でも描くことは可能です。

でも、このやり方でやってみたいと思う人の中で、自分でできると思う人はぜひ、自分で描いてみてください。まずは自分でやってみる、それでうまくいくのであればそれが1番いいと思っているので。


自分でやってみたけどうまくいかない、とても興味があるのだけど、どうしても理解できない、という人には、My life Story ~私という物語~散歩でダイアログダイアログセッション などに申し込んでもらって、その時間の中で一緒に描きましょう。

一緒に描くには何気に時間が必要なのです。安心できる状況の中で、自分の本当の音に触れられる状態、それがあるとないとでは、描いた後の結果が変わってきます。だから最低3時間のダイアログセッションが必要なのです。




この3年とちょっとの旅する生活の中で得た、自分に許可を出して、心穏やかに毎日を過ごすために必要なこと、それを必要としている人に手渡したい、という想いで今回の投稿も書きました。自分らしく、しあわせに生きること、そんな毎日を過ごせる人がひとりでも増えることを心から願ってます。






追伸

カードでの簡単なセッションであれば、ごはんでダイアログ の時間でも可能です。ご自分の課題やそれに対するヒントでも、パートナーとの関係性やその先にあるものでも、簡単に見ることはできますので、申込の時に言ってくださいませ。でないと、カードを持っていない可能性もありますので。




このブログの読み方-ふり返り-




– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
小林豊とのダイアログの時間をお金以外の価値で表すと?アンケート実施のお知らせ。
自分にとってのカタチ、というものを考えてみる。【その1】
旅LOG – 2016.03.01


COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度

3種類の研究員のいずれかに登録し、パートナーや家族など身近な人たちとの関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

散歩する研究員 0 名
対話する研究員 27 名
旅する研究員 4 名
( 2016.03.28 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に進めていきましょう
画像の説明
↑ COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。