旅LOG – 2016.03.10



【 研究テーマ : 現代的遊牧民の必須事項 】



– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/03/10(木)


鹿庭荘での朝。
確か、7時台に目が覚めた。
なのにもう、10 時前。
みのりとふたりで驚いた。

急いでシャワーを浴びる。
それでも身体の張りを確認。
体重は変わらず 66 キロ。
髪を乾かして部屋に戻る。

布団を片付ける。
荷物をバックパックの中へ。
部屋が静かになっていく。
窓の外の景色がキレイ。

荷物を1階へ。
カメラを持って外へ。
少しだけ宮島さんぽ。
平日なのに人が多い。

揚げもみじを食べながら歩く。
厳島神社。
人がたくさん歩いてた。
帰りにロケに出くわす。

お昼の準備。
大根をおろす。
無心におろす。
今日は役割があった。

たっつん特製和風パスタ。
工藤ちゃんと4人で食べる。
工藤ちゃんには昨日の夜のダメージが。
やさしくすっきりとした味。

食後に珈琲をいただく。
濃く過ごした2泊の宮島。
なんとなくふり返る。
新月というタイミングの宮島。

旅LOG を書く。
旅の備忘録。
文庫本にするのが楽しみ。
投稿を終えた。

竹原に向けて、宿を出る。
4人で記念撮影。
2人とも、どうもありがとう。
また訪れる日を楽しみに。

フェリーで宮島口港へ。
なかなか人が多い。
平日の昼なのに。
さすが春の行楽シーズン。

市電に揺られて広島市内へ。
ガタンゴトンと心地いい揺れ。
自然と目が瞑っていく。
なかなか身体が疲れてる。

広島市内。
軽く用事を済ませる。
お土産に野菜とこんにゃくを。
いいタイミングでバスが来る。

かぐや姫号。
荷物を座席に置けるくらいの人の数。
バスの中でゆったりと。
新開のバス停で降りる。

家に帰ってひと段落。
自宅はやはり重力が違う。
世界で1番安心できる場所。
そう身体が認識してる。

父と母と4人で晩ごはん。
早速、刺身こんにゃくが登場。
野菜をたくさん食べる。
ビールはあまり進まなかった。

電話でダイアログ。
My life Story のプログラム。
自分の物語を確認する。
今年の年末を楽しみに。

竹原さんぽ。
夜の町並み保存地区を歩く。
そのまま BAR MONTO へ。
静かにふたりでダイアログ。

お店を出て、竹原駅の方へ。
王将でお好み焼きを食べる。
懐かしい雰囲気。
おひさしぶりな人たち。

アイスを食べながら家路につく。
少しだけ冷える夜。
生きた分だけ積み重なる。
生きた分だけわかってくる。




[ 関連リンク ]

鹿庭荘

揚げもみじ

厳島神社

市電

かぐや姫号

電話でダイアログ

My life Story

BAR MONTO

王将




このブログの読み方-ふり返り-




FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-24
広島県竹原市- TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2016/03/10〜2016/03/12
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]




– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

[ 公式ブログ 人気の投稿 ]
収入、という言葉の壁。
研究員登録制度について訊かれたことを答えてみました。
クローズドシステム、導入のお知らせ。




小林 豊 公式メールマガジン

3種類の特徴あるメルマガで研究の結果や気づきを配信しています。

3種類のメールマガジンを無料で配信中
画像の説明?
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度

散歩しながら見守る研究員世界と対話する研究員旅するように探求する研究員、この3種類のいずれかに登録し、一緒に研究を進めていく、研究員登録制度です。研究員の種類によって、研究への関わり方が変わり、報酬としてお渡しするものの内容も変わってきます。

散歩する研究員 0 名
対話する研究員 26 名
旅する研究員 4 名
( 2016.03.10 現在 )

一緒に研究を進めていきましょう
画像の説明
↑ COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度はこちらから

Twitterボタン





どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。