霜降のひとりごと。【二十四節気のひとりごと】



クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



先週末、寒露から霜降に入りました。でも、沖縄にいる今は、霜が降りる、ということの実感が全くもってありません。まだ、半袖にサンダルで過ごしているので。

とはいっても、木枯らし1号や北海道の初雪のことをネットで読むと、頭の中では、冬に向かっている、ということを認識できるようですね。このあと本州に戻るとものすごく寒さを感じるんだろうな。

ということで、二十四節気の晩秋、霜降のひとりごと、をお届けします。


霜が降りた草


昨日の朝、瞑想をし終えて目を開くと、ひさしぶりにまぶたが涙で濡れていました。別に哀しいのではなく、むしろ晴れ晴れしい感覚が自分の中に残っていました。

先日、クリックするとリンクに飛びます ダイアログのある暮らし、を投稿することで気づいたこと。 を書いている時、自然と涙が溢れてきたんです。元妻を幸せにすることができなかった、という罪の意識が、僕の奥の方に眠っていたみたいで、その感情が解き放たれたのだなと思いました。

今朝の瞑想の時と同じで、ただ自然と涙が溢れてくる、そんな感じで、僕はその涙が出る時いつも、とても心地いい気分に包まれます。目に映るいろんなものの色が優しくてキラキラしてて、時間もゆっくりと流れる感じで。


ダイアログのある暮らし、は特にパートナーシップに対して提唱していきたい、という自分の気持ちに気がつけたこと、それもまた大きな気づきです。僕自身もパートナーとそんな関係でありたいし、まわりの仲間たちもよりよい関係性を築いていくことを後押しできるといいな、と思います。

実は、パートナーとの関係性がより良くなることは、自分自身とより仲良くなれるのです。身近な縁ある人との関係性は自分自身との関係性を目の前に表してくれているものであり、その関係性が良好になるということは、自分自身との関係性もが良好になるということ、です。

大好きな人やモノに囲まれながら心穏やかに毎日を過ごしていく、そんな暮らしがどんどん広がっていくきっかけのひとつとして、ダイアログのある暮らし、が僕のまわりの大切な人たちのお役に立てるといいな。


そういえば今回、沖縄滞在中に宮古島に行きたい、と強く想うようになりました。この3年で何度か沖縄に来て、実は初めて離島に行きたいと思ったのです。

最初は、「 遊んでいるわけじゃないんだ。」という姿をまわりに見せるために選択しなかった部分もあり、訪ねる人がいない、という理由もありました。でも僕は、自分の居場所を世界のどこから選んでいいのです。その時いる場所が僕の居場所なので。


クリックするとリンクに飛びます 寒露のひとりごと。【二十四節気のひとりごと】 にも書いた、スキナトキニ スキナコトヲ、この言葉がとても頭に残っています。もう少し言葉を加えて、スキナトキニ スキナコトヲ スキナトコロデ、こんな表現もいいですね。

ほんとは満月の今夜、それを宮古島から眺めることができるといいなぁ、なんて思ったけど、今日中の移動は残念ながら叶いませんでした。明日、もしくは明後日の飛行機で移動できるよう、この投稿のあとにいろんな仲間に、交換して欲しい旨、を連絡してみようと思います。

でもその前に、今日支払う9月の飛行機代を手に入れないといけません。9月に大阪に行った時のお金を振り込まないといけないので。それも踏まえて、僕が持っている価値と、東京-大阪の往復の飛行機代、明日もしくは明後日の宮古島への飛行機代、宮古島での宿泊場所もしくは宿代、とりあえずそのあたりが、今日中に交換してもらいたい価値たちです。


クリックするとリンクに飛びます 【交換しましょう2015】#29 2015.10.26

交換希望リスト
交換してほしいものを更新しています。
画像の説明
↑ 交換希望リストはこちらから


霜が降りた赤い葉


ここ数日の感覚で何となく感じることがあります。それは、僕のまわりにすでに巡っているということ、と、僕自身がそれに目を向けることができていない、ということです。それによって、受けとるべきタイミングを逃している現状があるみたいです。あくまで感覚的な話ですが。

今朝、ダイアログしている時に伝えてもらったのですが、価値と価値との交換、を、物乞い、のようだと自分で思っていた頃がありました。その時の感覚が抜けきっていない自分がいるみたいです。自分が手渡す価値はほとんどが無形で、自分自身で価値として認識できないものも多く、与えられてばかりいる、そんな心境に陥ったことがありました。

それと、主体的に手を挙げてもらって登録や申込、そして交換をしてもらいたい自分がいました。連絡すると必要じゃなくても交換してくれる人がたくさんいるはずなので、それでいいのか、という心境もありました。あと、必要ない、と断られるのも怖い、というのは未だに残っているみたいです。


でも満月の今夜、先に書いた東京-大阪の往復の飛行機代、明日もしくは明後日の宮古島への飛行機代、宮古島での宿泊場所もしくは宿代などを手にするために、このあと価値と価値との交換をお願いするメッセージを送ってみようかと思っています。

僕から渡す価値は、ダイアログのススメ、です。何よりこのコミュニティが、ダイアログのある暮らし、を広めていくための中心になるもので、今の旅しながらの活動の応援も兼ねて、ダイアログのススメ、への登録を価値として受けとってくれる仲間と交換したいです。さてさて、どうなることやら。


このあとは、11/11(水) までに神戸へたどり着くようにする、こと以外は何も決まってなかったのですが、昨日の夜、11/7(土) の夜にはまた那覇市内にいることに決めました。

どうにか宮古島に1週間くらい行ったあとに、また那覇に戻ってきて、そのあとは沖縄本島の北部にある、奥、という地域にお邪魔したいと思っています。そして 11/7(土) の夜までに那覇に再び戻ってくる、という感じになりますね。予定通りいけば。


スキナトキニ スキナコトヲ スキナトコロデ、そんな毎日を過ごすことができる自分をきちんと認識するまで、お酒も一旦やめることにしました。最近、飲む機会が多くて、しかも飲む量も多くて、アルコールの分解に毎日時間を割いていたので、そのエネルギーも自分を認識するために使いたいと思って。

きっかけは、昨日の夜の大切な約束を忘れてしまっていたこと。お酒を飲んでも覚えている、ということを自分の飲みのスタイルのひとつにしてきたのに、すっかり忘れてしまっていて。しかも、相手にとってとても重要な内容で、そんなことになるくらいなら、お酒の方を手放そうと思いまして。


そんなことたちを想い、そして気づきながら、僕は今、タンクトップに短パンでこの文章を書いています。やはり、霜降、という季節感を今味わうことができていませんが、11 月の中頃に関西に移動した時、その時にきっと味わえるかと。

その時の心配事としては、パーカーが今持っている1番の防寒着ということです。なので、インナーとアウターを手に入れる必要があります。それを手に入れることもまた、スキナトキニ スキナコトヲ スキナトコロデ、そんな毎日を過ごすことができる自分をきちんと認識することでまた、可能になるのでしょうね。




霜が降りた野原


[ 二十四節気 ]
霜降 ( そうこう ) 10/23頃〜

北国から順々に霜が降り始める時期。とはいえ、地面に土を見つけることがだんだん困難になってきている都会では、冬の訪れを確認しとうにも、なかなか霜自体にお目にかかることが少なくなっています。

参照 クリックするとリンクに飛びます うつくしいくらしかた研究所




クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-ふり返り-




– ダイアログのある暮らし –

COBAKEN LIFESTYELE LABO
TRAVEL × FACILITATION
http://cobaken.net


小林 豊 公式ブログ
3分で読める旅人の毎日 など
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

[ 公式ブログ 人気の投稿 ]
クリックするとリンクに飛びます 旅LOG【 ゆかりある。】沖縄県那覇市 – 2015.10.17
クリックするとリンクに飛びます 寒露のひとりごと。
クリックするとリンクに飛びます 遠慮するからこそ口を出す、という選択肢。【 旅人から見える世界 】#8


小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを無料で配信中
画像の説明?
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


ダイアログのススメ
僕らの暮らしにダイアログを
ダイアログのススメ
↑ ダイアログのススメはこちらから

Twitterボタン





最後まで読んでいただきありがとうございます。