COBAKEN的 旅の作法 #2 – 自分の空間化 –



第 2 回目の投稿を迎えた " COBAKEN的 旅の作法 " 。

今回は、宿泊先に着いてからやっていること。そんな作法を投稿させて頂きます。


クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


自分のモノを並べて安心感を


写真は以前泊まったホテルのテーブルの写真です。


部屋ごとに配置は変わりますが、財布やコインケース、Suica やベルトなど私が自宅で置くように並べています。この当時は iPad も持ち歩いていたので、なんとなく懐かしく感じますね。

最近は、仲間の家に泊めてもらうことが増えてきたので、ホテルに泊まる機会は激減しました。仲間の家でも可能なかぎり、見慣れている自分のモノの置き方を考えながら荷物を置かせてもらっています。

あとはアロマなどで、自分の好きな香りにすること、身体が重いときとかスッキリしない時はそんなこともやっています。


宿泊先を自分の家として私は活動するので、ゆっくり疲れをとるために自分の安心感を増やす、そんな作業をしているのです。


画像の説明


続いてこの写真はバスルームの写真ですが、もし一泊でもこれくらいは自分のものを並べます。これでこの空間も私のものです。


ここまでするなら家に居ろよって声も聴こえてきそうですが、私の中で旅をする目的があるから旅を続けている訳なので。これは目的を達成するための些細な行為のひとつですね。

それにきっと、この行為によって保てている自分があり、それによって旅を続けることができています。




自由だから自分を律する必要がある


自分を律すること、それが出来てるかどうかはさておき、自由に旅をしながら感じることのひとつです。

旅先で自分自身が真ん中に居るために、こうして私物を並べることも瞑想をすることも重要な日課です。そんな毎日の行為が私を支えてくれているのだなとこの投稿を通じて再確認できました。

安心感を生み出すことと、自分を整えるため、他にも理由はあるのかもしれませんが、それらのために旅先の部屋を自分の空間と化すためにできること、それが必要なのだと思います。




あなたなら、どんな方法で旅先の部屋に安心感をつくり出しますか?




———————————————


私は家族や仲間のおかげで、こうして旅をすることができています。その感謝の気持ちはいつも消えることはありません。むしろ日に日に増していくくらいで。

その旅を通じて得たことをこうして " 旅の作法 " としてシェアしていけるといいなと思っています。なのでぜひ、こんなこと聴きたいってのがあればコメントやメッセージで教えてください。




おしまい




クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-ふり返り-?


小林 豊 公式ブログ
3分で読める旅人の毎日 など
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

[ 公式ブログ 人気の投稿 ]
クリックするとリンクに飛びます 旅LOG【 心から。】広島県広島市 – 2015.08.06
クリックするとリンクに飛びます 38 才の誕生日。
クリックするとリンクに飛びます 処暑のひとりごと




小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを無料で配信中
画像の説明?
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


ダイアログのススメへのご登録はこちらから

登録するとダイアログのススメ内のコンテンツを利用し放題。
さらに、COBAKEN LIFESTYLE LABO のコンテンツが30%OFFになります。

僕らの日常にダイアログを
ダイアログのススメ
↑ まずは14日間の体験登録から


COBAKEN LIFESTYELE LABO
TRAVEL × FACILITATION
http://cobaken.net

Twitterボタン






最後まで読んでいただきありがとうございます。