旅LOG【 その姿。】バンコク トンブリー – 2015.07.17



クリックするとリンクに飛びます FIND THE WORLD 5th season
Chapter.YU-06
バンコク トンブリー – THONBURI/BANGKOK/THAILAND –
2015/07/16〜2015/07/22


– 旅LOG – 3分で読める、旅人の日常
日本とアジアを旅しながら生活する 小林 豊 の旅先での日常をお届けします。旅先での人や街との出逢い、そしてその町の生活を感じ、そんな旅人の日常の記録です。

クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



昨日、飛行機でもほぼ寝てて、昼寝も5時間くらいしたのに、しっかり6時間も睡眠とれました。

今朝目覚めたのは8時過ぎ。日本では 10 時のおやつが終わったくらいです。そこから少しベッドでゴロゴロしながら、今回タイに来た経緯をふり返ってました。


ふとしたところで起き上がり、

「 今日はどう過ごそうかな。」

なんて考えながら、部屋の奥側の掃き出し窓の近くにあるダイニングテーブルに腰掛けました。


こうやって今日何をやるかって自己責任で考えられる状況だから、だから僕はジャッジをせずに人と接することができるんだと思うんです。

それはこの前、栃木まで車で行って帰った時に気づいたんだけど、車を運転するとか、人に危害を与える可能性がある、責任を持たないといけない環境にいると、判断をせざるを得ないんですよね。


だから人や出来事を判断するし、自分も判断してしまう、そんな環境なんだと思いました。だからこそ人は、オンとオフの切り替えの中で生きる必要があるのかなと。

僕が判断を保留しながら毎日を過ごせるのは、そういう環境にいないからだと思います。だからジャッジせずに人に接することができるのだと思って。


朝からそんなことを考えてみたあと、ひとまずシャワーを浴びてみました。

日本から持ってきていた石けんと弱酸性のコンディショナー。石けんでシャンプーするには弱酸性のリンスかコンディショナーが必要ってことで、大分で買いました。今はそんな仲間も一緒に旅を続けているところです。


シャワーを浴びたら瞑想をして、昨日まで腹に抱えていた不安をしっかりと流して、またやってきたこの場所にしっかりとグランディングしてみました。今はこの場所で生きているので。

そしてストレッチに腹筋に、どこにいても変わらない日課の時間を過ごしました。


昼前にね、朝ごはんというか、ブランチというか、外にご飯を求めて出かけてみて。でもね、僕の中での行き先は決まっていて、あの市場のお店に向かって歩いてみました。

途中、顔見知りの人がいたからあいさつすると、向こうも覚えていてくれたらしく笑顔で挨拶してくれて。嬉しいな、こんなやりとり。


画像の説明
大好きなガパオ ムー グローブ カイダーオ。


大好きなこのお店で、大好きなガパオを食べて、バンコクにいるんだなぁって実感を得てみました。

旅をしてて思うんだけど、その街で出逢った人と関わった記憶が、その街を印象づけるポイントになると思うんだ。人と関わった記憶の分だけ、その街に対する愛着もましていくというか。だからこのエリアが好きなんだと思うな、僕は。


画像の説明
おふたりとも元気そうでなにより。


1年ぶりにお逢いするふたり。タイ語でいろいろ話しかけてくれてね。ほとんど意味が分かんなかったけど、けど元気そうで何よりで、その姿が見れただけでもタイに来た価値があったな。


そのあとはしばし、パソコンタイム。

今日はね、15 分でタイマーを鳴らしながら作業を進めてみました。ブログの投稿や下書きの作業、それに手洗いで洗濯をしたり、本を読みながらごろごろしてみたり。

最近、だらだらと作業を進めてたから、こんな感じで 15 分間だけ集中して作業するものいいなぁ。



ということで、お迎えのためにスワンナプーム空港へ。

最寄り駅の Wongwian Yai ( ウォンウィエン ヤイ ) から BTS に乗り込んで、Siam ( サイアム )で乗り換えて Phaya Thai ( パヤ タイ ) へ。そこからはエアポートレールリンクでスワンナプーム空港へシティラインで、持ってきてた文庫本「 のぼうの城 上 」を読みながらのんびりと向かいました。


到着した空港にはたくさんの人がいてねぇ、やっぱりでかいんですね、この空港。いろんな国の人がわんやわんや歩いていて、人間観察しているだけでしあわせな気分になれちゃいます。


お迎えにあがった仲間の飛行機は1時間遅れで到着するみたいで、機内で疲れている仲間を思い浮かべながら、僕は地下のエスカレーターの裏側に座り込んで、空港の Wi-Fi で作業を再開してみました。



そんな感じで、お尻が痛くなるくらいとっても集中して作業できました。なので少し作業をやめて、この前、練馬のひょうたんのマスターから聴いたフードコートに行ってみることにします。


画像の説明
1階の奥にあるフードコートの入り口です。


ここは空港の中のフードコートだけど、とってもお手頃な価格の食べ物が多くて。街中の屋台と変わらない値段でたべることができます。空港のスタッフも利用しているみたいで。

入ったら左手にあるカウンターで 100 バーツ単位で食券に変えてもらって、それを使って食べ物を購入し、自分でテーブルに持っていくフードコートです。食べ終わったら残りの食券を同じカウンターで換金してもらえるので、使い切る必要はありません。



そこで少しおやつを食べて、今度は2階の到着ロビーのイスに座ってパソコン作業を再開しました。その時につぶやいたのがこの「 人を輝かせる人を輝かせたい。」です。

単純に考えると人を輝かすことでその人は輝くんだろうけど、そんな人だからこその葛藤があると思うから、その葛藤を癒せる、そんな自分でありたいです。



そして、表の出来事に囚われて惑わされるのではなくて、その向こうの、また向こうにあることに目を向けられる、そんな自分であり続けたいと思いました。




そんな流れを経て、無事林さんと合流です。




合流後はエアポートレールリンクと BTS を乗り継いで林さんのホテルにチェックインしたら、僕の泊まっている所付近にある屋台へ晩ごはんを食べに行きました。


画像の説明
なんか気になる、この看板の彼。


早速ローカルなエリアを案内しながら、こっちに来たらよく行く屋台へ到着です。ここのお兄さんも覚えてくれていたみたいでうれしいな。


画像の説明
相変わらずたくさんの人がチムチュムを楽しんでました。


初めてのタイでの初めてのご飯を楽しんでもらいながら、約1ヶ月ぶりの林さんとのダイアログ。


画像の説明
今日も美味しくできあがりました。


なんかね、不思議な感じなんですよ、ほんと。こうやって林さんとここにいることに違和感がないというか。普通なんです。


画像の説明
林さん、長時間の移動お疲れさまでした。


今日はね、あんまり遅くまでがんばらずに、さくっとホテルに戻りました。とっても健全でございます。


いろんな気づきがあったバンコク2日目。旅の基本に戻れたような、そんな感覚があるんです。なんのために旅をするのか、って気持ちは忘れていなかったつもりだけど、やっぱり日本ばかりを旅していると偏るというか。

だから今後は長くても半年に1度は海外を旅できる自分であることを決めました。


そのために必要なことをまた、手にしてみせます。




おしまい




旅先での発見や気づきのメモ

・人を輝かせる人を輝かせたい。
・長くても半年に1度は海外を旅できる自分である。

Twitterボタン

クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-ふり返り-?


小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを無料で配信中
画像の説明?
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


ダイアログのススメへのご登録はこちらから

登録するとダイアログのススメ内のコンテンツを利用し放題。
さらに、COBAKEN LIFESTYLE LABO のコンテンツが30%OFFになります。

30代からの素直な人生の歩み方
ダイアログのススメ
↑ まずは14日間の体験登録から


クリックするとリンクに飛びます FIND THE WORLD 4th season
======================
Next destination
Chapter.YU-07
東京都練馬区
NERIMA/TOKYO/JAPAN –
2015/07/22~2015/07/30
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ クリックするとリンクに飛びます COSMOPOLITANS ]



[ 公式ブログ 人気の投稿 ]
クリックするとリンクに飛びます JAPAN TOUR 2015 終了のごあいさつ
クリックするとリンクに飛びます 旅LOG【 想いを自由に。】福岡県久留米市 – 2015.06.21
クリックするとリンクに飛びます 旅LOG【 温める。】 – 2014.11.18?




最後まで読んでいただきありがとうございます。