旅LOG【 鎌倉さんぽ。】東京都練馬区 – 2015.05.10



FIND THE WORLD JAPAN TOUR 2015
4月から3ヶ月かけて日本を縦断しています
画像の説明
↑ 日程や詳細はこちらから


クリックするとリンクに飛びます FIND THE WORLD 4th season
Chapter.YU-36
東京都練馬区 – NERIMA/TOKYO/JAPAN –
2015/05/08〜2015/05/14


– 旅LOG – 1分で読める、旅人の日常
日本とアジアを旅しながら生活する 小林 豊 の旅先での日常をお届けします。旅先での人や街との出逢い、そしてその町の生活を感じ、そんな旅人の日常の記録です。

クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



今日は早起きして鎌倉へ。

天気もいいし、そらもキレイ。


池袋から湘南新宿ライン大船行きに乗り込み、戸塚で乗り換えて鎌倉駅へ。

まず鶴岡八幡宮にお参りして、そのあとは早起きした分まだ人の少ない小町通り周辺での食べ歩きの時間を満喫しました。

ソフトクリームにぬれおかき、クレープにダブルドックと鎌倉ビール。


お腹もひと段落した頃には、小町通りにはたくさんの人が歩いていて、だから人ごみを避けるように小町通りの西側にある路地の方へ。

その辺りは人も少なくて、しかもとってもいい感じのお店も並んでて。

でもお腹がいっぱいだった僕らは、小さな踏切を渡って西口側へ。


その踏切を渡った先で出逢った、かわいいスプーンの看板につられてお店に入ってみました。


画像の説明


クリックするとリンクに飛びます Romi-Unie Confiture

そこにはたくさんのジャムが売られていて、ガラス越しの厨房ではどんどんジャムが作られていて。

今日はスコーンを買ってジャムをつけて食べてみたんだけど、これがまた食べ歩きで満腹なお腹にやさしかったな。

あんまりスコーン食べないけど、けどここのスコーンはまた食べたいや。




そのあとは増えてきた人ごみを避けるように、江ノ電に揺られてつい先日来たばかりの七里ケ浜へ。


画像の説明


今日はちゃんとサンダルを履いてきたから、砂浜を江ノ島方面に向かってゆっくり歩いて。

日に焼けた砂がなかなか熱かったけど、吹いてる風は涼しくて心地い砂浜散歩になりました。


砂浜から道路にあがり、海岸そばの道路の横を歩いて、結果2駅ほど散歩した後は、再び江ノ電で藤沢へ。

そこで遅めの昼ごはん…いや、おやつなのかな、たこ焼きを焼いてみたりもんじゃ焼きを焼いてみたりしながら、そんな感じの時間を過ごして戻りました。


そして練馬に帰ったら、いつの間にか、2時間も眠っておりましたとさ。


今日はサンフレッチェが負けて残念。




おしまい




旅先での発見や気づきのメモ

・日曜日の鎌倉はとっても人が多い。
・藤沢の無印はとっても大きい。

Twitterボタン

クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-ふり返り-?


ダイアログのススメへのご登録はこちらから

登録するとダイアログのススメ内のコンテンツを利用し放題。
さらに、COBAKEN LIFESTYLE LABO のコンテンツが30%OFFになります。

30代からの素直な人生の歩み方
ダイアログのススメ
↑ まずは14日間の体験登録から


小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを無料で配信中
画像の説明?
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


クリックするとリンクに飛びます FIND THE WORLD 4th season
========================
Next destination
Chapter.YU-37
NIIGATA/NIIGATA/JAPAN –
2015/05/14~2015/05/18
========================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ クリックするとリンクに飛びます COSMOPOLITANS ]



[ 公式ブログ 人気の投稿 ]
クリックするとリンクに飛びます 自分もまわりの人も見捨てずに、前に向かって進んで行くんです、森口博美という人は。
クリックするとリンクに飛びます 人の可能性も自分の可能性もあきらめないんです、末吉大希という人は。
クリックするとリンクに飛びます 【 レポ 】 DIALOG LIVE #5@福島 – 2015.04.25


FIND THE WORLD JAPAN TOUR 2015
4月から3ヶ月かけて日本を縦断しています
画像の説明
↑ 日程や詳細はこちらから




最後まで読んでいただきありがとうございます。