旅LOG【 出発前日。 】 – 2014.11.12




↓ " ブログの読み方のご提案-準備- "です。
画像の説明
もしよかったら、ブログを読む前に、こんな準備をしてみてください。


FIND THE WORLD 3rd season
Chapter.YU-41
広島県竹原市 – TALEHARA / HIROSHIMA / JAPAN –
2014/11/12


この日はね、7 時半頃に目覚めました。


昨日の 24 時頃、1 時間半~ 3 時間の仮眠をとろうと横になったのに、結局起きたのはこの時間。

二度の目覚ましのことは全く記憶になくて。


起きてすぐにやったのは、” ダイアログのススメ “の教科書を投稿すること。

今日は” 2. WORD JUNGLE STEP.2 ”を投稿します。


文章の最終チェックをして、投稿のご案内メールを予約して。

準備ができたところで、シャワーを浴びて瞑想をしました。


明日には竹原を旅立って東に向うので、うちで瞑想するのも今日と明日だけ。

今回は床の間の前で瞑想するのがとっても気持ちよくて。


そして朝ごはんを食べて、” ダイアログのススメ “の教科書を投稿しました。


そこからはひたすらパソコン作業。

この旅LOGの遅れが、後手に回ってる気がしてて気持ちよくなかったんです。


でも他にもやることがあるし、しかも期限が決まっているから。

この前を書いたのですが、やはりきちんと自分で時間を区切ることをした方がいいですね。


楽しいことは時間はあっという間だし、いつまでも続いてほしいからつい長々と続けちゃうけど、けど、自分できちんと区切って後手後手にならないように気をつけたいです。


僕は自由には自律がつきものだと思っているので。


画像の説明


あっという間に日が落ち始めて、あとの時間は事務所の片付けをひたすら。

夜は長男の海翔 ( かいと ) が来るみたいだし、一気に作業をしとかないと。




今夜は父が出かけたので、母とふたりで晩ごはん。


画像の説明


さつまいもで作ったコロッケがとっても美味しかったです。


うちの母は” 若杉 友子 “さんを見習って菜食料理を作っているのですが、そんなことをダイアログしながら晩ごはんをいただきました。




そして食後少しした頃に海翔がやってきて。

今日は中学校のジャージ姿で登場です。


実は初めて中学生の格好を見せてもらいました。

うん、中学生っぽい。笑


今、海翔はサッカーの地域選抜に選ばれたことで、自分がうまくなることに興味が出て来て、一緒にそんな話ができることもありがたいですね。


そして今夜は泊まるということで、作業しながらだったけど、子どもとの時間をゆっくりと楽しみました。




おしまい




↓ " ブログの読み方のご提案-ふり返り- "です。
画像の説明
もしよかったら、ブログを読み終えた後に、こんなふり返りをしてみてください。




ダイアログのススメ
2014.08.29リリース!




FIND THE WORLD 3rd season
========================
Next destination
Chapter.YU-42
愛知県名古屋市 – NAGOYA / AICHI / JAPAN –
2014/11/13~
========================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


オススメのワークショップ
はじまりの日- COSMOPOLITANS 2th Anniversary – 東京 11/23()
□ My life Story 東京 12/27()・28()
自分ファシリテーション 東京 1/17()・18()


人気の投稿
【限定10名】14日間無料登録モニター募集@” ダイアログのススメ “
ダイアログのススメ 早割期間のご案内
旅LOG【 本音。 】 – 2014.10.17


ふたりでダイアログ
散歩でダイアログ 2014年分 完売しました
電話でダイアログ


みんなでダイアログ
WORLD PEACE 読書会 東京 11/15()・11/23()・別府 12/6()・東京 12/20()
旅CAFE 東京 11/15()・別府 12/6()
街中でダイアログ
DIALOG JOURNEY 東京 12/18(木)-19(金)
□ 新月の夜は自分とダイアログ 11/22()




最後まで読んでいただきありがとうございます。



1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。