ここから 1 年。その 4



ここから 1 年。その 3 のつづき



画像の説明


そんな風に思考を奪われる世界を自分で選択している

ことにも気づけない、そんな世界は好きじゃない。


うまくいったことも、うまくいかなかったことも

すべて自分で選んでいるし。


あらためて自分が生きる人生に目を向ける、

自分が持った物語に目を向ける、

旅をしながらそれらのことを続けたい。


それらの行為が、結果的にまわりの人たちの

それぞれの人生や物語に目を向ける、

そんなきっかけであれたらうれしい。




なんてことをいつも言っているけど、

実は不安で不安で仕方ないんだ。


この先、ちゃんと生きていけるのかもわからない。

まだまだお金を稼ぐ必要があるから。


離れて暮らしている子供たちの生活、

家業で抱えてしまった自分名義の借金。


でも、もう僕は家業には戻れない。

あの世界で生きていくための心を失ってしまった。


家業を立て直すために、家族のためにと努めた 17 年。

実は苦しくて苦しくて仕方なかった。


でも当時の僕は前向きな自分にしか目を向けれなくて。

弱音を吐きたい自分は完全に無視をして走り続けた。


そして心がぶっ壊れてしまって、無意識の自分は

そこから離れるための行動を選択し続けた。

たくさんの人に迷惑をかけて。




ここ数日の出来事の中で、あらためて自分がやりたいことの

確認ができたから、こんな弱音も吐けるんだけどね。


この先、ちゃんと生きていけるのかもわからない。

自分のやりたいことをカタチにできるかどうかもわからない。


また人に迷惑をかけるかもしれない。

自分の想いが強すぎて、人から嫌われるかもしれない。


でもね、僕は生きていくんだ。

やりたいことに向かっていくんだ。


だって、今の僕にはこれしかできないから。

過去の自分と未来の自分が、今の僕に与えてくれたことだから。


だからね、不安でも前に向かって足を進めていくんだ。

不安も人が創り出してるってことがよくわかったし。


ここから 1 年は、しっかりと矢面に立っていくんだ。






僕がなりたいのは英雄でも先生でもない。


僕がなりたいのは本来の自分。

小林 豊 というただの人間なんだ。


その道のりが、結果あなたの幸せのきっかけになれば幸いだ。




COBAKEN LIFESTYELE LABO
TRAVEL × FACILITATION
http://cobaken.net


ふたりでダイアログ

散歩でダイアログ / チケットがあと 2 枚になりました。
電話でダイアログ / PASS があと 13 枚になりました。


みんなでダイアログ

WORLD PEACE 読書会 / 札幌(8/6)・広島(8/20)
旅のシェアCAFE / 東京(8/12)
街中でダイアログ / 東京(8/13)・広島(8/20)
□ DIALOG JOURNEY


自分とダイアログ

□ Monthly COBAKEN




最後まで読んでいただきありがとうございます。




========================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]
========================